Starboard SUP「村林知安」ブログ

第1回全日本SUP選手権 総合優勝。2012/11/13  21:38

11月10日、11日に静岡県湖西市にて”第1回全日本SUP選手権”が行われました。

この大会は1日目がSUPサーフィン、2日目にSUPレースが行われ、それぞれの優勝者と総合優勝を決める大会。
日本でもSUPが普及し、人口も増えてきたことで、第1回目の記念すべき全日本大会が開かれました。

参加者は、SUPサーフィンが男女合わせて100名以上。
レースの方も男女合わせて100名以上のエントリーがありました。

1日目のSUPサーフィンは、タルめの膝腰~セットたま~に胸のスモールコンディションで行われ、メンズは総勢88名。
全国各地からプロサーファーの方、プロウインドサーファーの方など、レベルの高い選手達が集まってました。
僕はセミファイナルまで勝ち上がりベスト8で敗退。結果5位タイでした。悔しい~。
今回上位入賞者にはISA世界大会出場資格をもらえるということでジャッジはNSAの公認ジャッジの方々がジャッジをしてくださいました。
photo by S.Ochiai


photo by S.Ochiai

敗因は、やはり僕の波乗り試合経験、勉強不足が1番大きいかなと思います。
今回のジャッジのポイントが高いマニューバーをしっかり把握できてなかったこと、試合で出せなかったこと。
そして波の取り合いで引いてしまい、少ないセットをとらえられなかったこと、など、、、もちろんまだまだ技術的にも未熟ですが、
経験を積めば、かなり変わってくるであろうことを実感できました。
1位、2位を獲得したプロロングボーダーの方々は試合運びがウマかったですね。
サーフィンの試合運びをもっと勉強すれば、結果も大きく変わってくると感じました。

2日目のレースは10mくらいの風が吹く中で7kmのレースが行われました。
向かい風、追い風を受けながらコースを3週する周回コースで、半分くらいの選手がリタイヤするほどのハードレース。
そんな中、日ごろのトレーニングの成果が出て、1位でフィニッシュ。
2位との差もあり、思った通りのレース展開ができたと思います。
ただ、世界ではまだまだ通用しないので、波乗り同様、レースもまだまだ修行が必要ですね。

結果、SUPサーフィン5位、レース1位で、総合優勝することができました。
第1回の記念すべきSUPの全日本で総合優勝は素直に嬉しいですが、どうせ総合優勝するなら波乗りも1位じゃなきゃダメです。
そして世界でも通用する選手になりたい。
来年の全日本でも総合優勝連覇はもちろん、波乗り、レース共に優勝目指して、これからも精進していきたいと思います。

日本全国から集まったSUPサーファー、パドラーの皆さんとお会いでき、一緒にセッションでき最高に楽しかったです。
今年の国内外の僕が参戦する大会はこれで終了。
いつも支えてくれているスポンサーの方々、トレーニングをさせてもらっている宮崎の海に感謝です。
ありがとうございます!

1日目SUP全日本大会映像→http://youtu.be/Rqw_7HSk2zs
小波コンディションですが、がんばってます!(笑)
下半身グレー/ブルーのウェットでノーズ360決めてるのが僕です。
たくさん撮って頂きありがとうございます。
映像提供supmasaさん。

Tomo

カテゴリ: 未分類 | コメント (0)

« »

大分国東市梅園カップSUPレース→静岡SUP全日本選手権2012/11/05  21:42

朝晩めっきり寒くなりましたねー。
ここ最近は全国各地でSUPのイベントがあり、週末は遠征が多いです。
トレーニングよりも運転の方が体にキキますねー。

最近では全国でSUP愛好者が増え、各地でイベント、大会も増えてきました。
そこで、ルール、マナーはもちろん、SUPの楽しさを全国に広め、安全に普及させていこうと
今年からSUPA(日本スタンドアップ協会)も設立されました。

http://supa-japan.org/Welcome.html
愛好者が増えているとはいえ、日本ではまだまだ認知度が低いスポーツ。
協会と共に僕もSUP普及のために微力ではありますが、努力していきたいと思っております。

先週末は大分県国東市にて「梅園カップ」SUPレースが行われ行ってきました。

レース結果は、4.5kmのディスタンスレース、ショートスラローム共に優勝。
九州各地でもSUPイベント、大会が増え盛り上がってきていますね!

そして今週末は静岡で「第1回SUP全日本選手権」が開催されます。

波乗り、レース2種目があり、それぞれの上位入賞者にはペルーで行われるISAのSUP世界選手権の日本代表出場資格が与えられます。
資格もらっても旅費ないんだけど・・・・・なんてことは考えずにとりあえず勝ちに行きます。
もちろん僕はレース、波乗り共に出場します!
がんばります!

 

カテゴリ: 未分類 | コメント (0)

« »

プロフィール

村林 知安[tomoyasumurabayashi]

http://www.sup-tomo.com

1978/4/9生まれ

18歳、ウィンドサーフィンに出会う。高校卒業後、3ヶ月で退職し、マウイへ。 その後カイトサーフィンのプロとして国内外で活躍。 尊敬するレアード・ハミルトンがSUPをやっているのを見て、まだSUPのギアが手に入らない頃からロングボードに木で削ったパドルでSUPを始める。 その後、SUPの国内外の大会に参加。 数々の国内レースで優勝、SUPサーフィン大会でも好成績を収める。 2011 IRAKO LONGBOARD CLASSIC SUP Class 優勝。 世界でもっとも過酷なパドルレース"Molokai to Oahu"(32マイル=約52キロ)に2010年より参加し、2011年は、SUP総合7位でフィニッシュ。目標だったトップ10入りを達成。年齢別では1位。表彰台に立った。タイムは"5:01:03"で世界歴代トップ10タイムに記録された。 2012年 7月 3年連続出場となる"Molokai to Oahu"で自己記録更新の4時間59分3秒。 UNLIMITED MEN 11th. 年齢別2位 Time 4:59:03。 10月 "第1回全日本SUP選手権" 総合優勝。 世界のトップパドラーになるべく、近年は"Molokai to Oahu"に標準を合わせSUPでのトレーニングに力を入れ、波があればSUPサーフィン、 サーフィン、風が吹けばカイトサーフィン、ウインドサーフィンと、その日の海のコンディションに合わせて日々トレーニングに励んでいる。 スポンサー "STARBOARD SUP", ""Teva"",Dove Wetsuits","FCS" "KAENON",ZEN", Website http://www.sup-tomo.com

■競技

スタンドアップパドルサーフィン

バナー広告掲載について

皆様のお店、会社を紹介してみませんか?
iinami.comで費用対効果のある広告の掲載をお考えの方は以下のリンクからご覧ください。

詳しい内容はこちら