Starboard SUP「村林知安」ブログ

“SUWT” SUPサーフィンワールドツアー 2013最終戦!2012/12/18  18:01

logo
http://www.standupworldtour.com/

カリブ海”ブリテッシュ バージンアイランド”で行われたSUWT スタンドアップサーフィン ワールドツアー最終戦が終了しました。
最終戦までワールドタイトル争いがもつれ、ランキングトップのスターボードのショーン・ポインターと2位の2年連続ワールドチャンピオンのカイ・レニー、3位のブラジルのレコ・スラザーの3人誰もがワールドタイトルを得るチャンスがありました。
282185_323510244424361_2016910063_n

↑スターボード”ショーン・ポインター”

そんな中、2年連続世界王者カイ・レニーが準々決勝で敗退。
残る2人の争いになり、ショーンはセミファイナルを勝ち上がればワールドタイトル獲得というところでしたが、ファイナルには残れず、、
そしてレコがファイナル進出を決め、レコの大逆転ワールドタイトル獲得という結果になりました。
スターボードチームとしてはショーンの敗退は残念ですが、レコもすごく良いライディングをしていたのでワールドチャンピオンにふさわしい選手だと思います。
ショーンは、自身のシグネイチャーボードである7’7Proを使用し、彼独自のスタイリッシュなライディングで、今季絶好調。タヒチでは優勝も飾り、ワールドタイトルまであと一歩のところまできました。
今年は惜しくもタイトルを逃しましたが、年間ランキング2位も十分素晴らしいです。
来年も必ず大活躍してくれると思います。
同じチームメイトとして、誇りに思うし、彼が開発しているボードに乗れることは光栄です!

 

576534_10151378227180761_1247440511_n
Congrats!! Sean!
下記SUWTウェブサイトで、ライブ中継録画ファイナルの様子が見れます。
ビデオも近日中にアップされると思います。
http://www.standupworldtour.com/stream.php

次々に新しい選手が登場し、波乗り、レース共に熾烈なワールドタイトル争いが繰り広げられているSUPワールドツアー。
来年はさらに盛り上がると思います。
日本でも年々大会が増え、愛好者、競技者も増えています。
興味がある方はぜひ最寄りのSUP取扱店にてスクールを受けてみてください。

波乗り、レース、クルージング、釣り、またはエクササイズとして、波があっても無くても楽しめるSUPサーフィン最高です!

Tomo

Twitter https://twitter.com/#!/SUPTOMO FACEBOOK tomoyasu murabayashi

 

カテゴリ: 未分類 | コメント (0)

« »

SUWT スタンドアップサーフィンワールドツアー第4戦 ブラジル2012/12/02  21:12

http://www.standupworldtour.com/

2010年から本格的にSUPサーフィンのワールドツアーが始まり、今年で3年目。
今年は全5戦が行われる予定で昨日第4戦のブラジルが幕を閉じました。

今年はハワイ、フランス、タヒチ、ブラジル、ロケーションXの5戦。
現在トップを行くのは同じStarboard SUPのチームメイトであるショーン・ポインター。
Sean Poynter @ブラジル
photo by SUWT

彼は現在23歳で以前はサーフィンのプロとして活動しASPの大会にも出場していたそうです。
今はSUPにハマり、練習を重ね、今やSUPサーフィン界のトップ選手。
今回のブラジルではベスト8で敗退しましたが、首位をキープ。
最終戦で初のワールドタイトルをかけて戦います。

2010、2011年と2年連続ワールドチャンピオンに輝いているカイ・レニー。
カイ・レニーSUP@サンセット


彼はマウイ在住で、ウインドサーフィン、カイトサーフィン、SUP、サーフィン、JAWSでのサーフィン、トーイン、
と全てがトップクラスのウォーターマン。
僕がマウイに通い始めてから15年あまり、小さい頃から彼を見ていますが、ほんとにすごく良い子で、
人間的にも素晴らしく、海の上でも陸の上でも尊敬する存在です。
先日サーフィン界でも話題となったシェーン・ドリアンのビッグウエイブサーフィンの歴史を変えたと言われるJAWSライディング
の日にもシェーンと共にJAWSでライディングしていました。
その映像はこちら→http://youtu.be/zYo-p6mmFpc

↓こちらも同じStarboard SUPチームのゼーン。彼もマウイ生まれ、マウイ育ちでカイと共に世界のSUP界をリードする存在です。


今回のブラジルではショーンがベスト8で敗退。カイは準決勝敗退。
優勝はハワイの若干15歳のモー・フレイタス。
ライディングにキレがあり、素晴らしかった。
新しい選手が次から次に現れ、ハイレベルな争いが繰り広げられるSUPワールドツアー。
日本でもプロサーファーの方達がSUPをやり始め、大会にも徐々に参戦しています。
世界の大会同様、日本の大会もレベルをあげて盛り上げていきたいです。
僕も来年はレースだけじゃなく、SUPサーフィンの方でもワールドツアーに参戦したいですね。
がんばります!

SUWTブラジル 予選動画→http://youtu.be/oYAO73iIIL4
予選なんですがブラジルロコ達のレベルがすごく高いです!

SUWT スタンドアップワールドツアー ウェブサイト→http://www.standupworldtour.com/

Tomo

カテゴリ: 未分類 | コメント (0)

« »

プロフィール

村林 知安[tomoyasumurabayashi]

http://www.sup-tomo.com

1978/4/9生まれ

18歳、ウィンドサーフィンに出会う。高校卒業後、3ヶ月で退職し、マウイへ。 その後カイトサーフィンのプロとして国内外で活躍。 尊敬するレアード・ハミルトンがSUPをやっているのを見て、まだSUPのギアが手に入らない頃からロングボードに木で削ったパドルでSUPを始める。 その後、SUPの国内外の大会に参加。 数々の国内レースで優勝、SUPサーフィン大会でも好成績を収める。 2011 IRAKO LONGBOARD CLASSIC SUP Class 優勝。 世界でもっとも過酷なパドルレース"Molokai to Oahu"(32マイル=約52キロ)に2010年より参加し、2011年は、SUP総合7位でフィニッシュ。目標だったトップ10入りを達成。年齢別では1位。表彰台に立った。タイムは"5:01:03"で世界歴代トップ10タイムに記録された。 2012年 7月 3年連続出場となる"Molokai to Oahu"で自己記録更新の4時間59分3秒。 UNLIMITED MEN 11th. 年齢別2位 Time 4:59:03。 10月 "第1回全日本SUP選手権" 総合優勝。 世界のトップパドラーになるべく、近年は"Molokai to Oahu"に標準を合わせSUPでのトレーニングに力を入れ、波があればSUPサーフィン、 サーフィン、風が吹けばカイトサーフィン、ウインドサーフィンと、その日の海のコンディションに合わせて日々トレーニングに励んでいる。 スポンサー "STARBOARD SUP", ""Teva"",Dove Wetsuits","FCS" "KAENON",ZEN", Website http://www.sup-tomo.com

■競技

スタンドアップパドルサーフィン

バナー広告掲載について

皆様のお店、会社を紹介してみませんか?
iinami.comで費用対効果のある広告の掲載をお考えの方は以下のリンクからご覧ください。

詳しい内容はこちら