ブログインフォ

STAFF INFO
2016.10.04  『HYUGA SURF CLASSIC』Day2結果
HIROTOSHI UMENO
梅野紘聖ブログ
2016.12.02  ニューボードNew
YASUYUKI SUGIHARA
杉原康幸ブログ
2015.01.21  Hawaiiへ行ってました!!
KAN WATANABE
渡辺寛ブログ
2015.12.31  ありがとうございました!
SHOHEI AKIMOTO
秋本祥平ブログ
2016.04.27  おはようございます
RIARU ITO-FAMILY
伊東李安琉ブログ
2016.09.14  いざ!ポルトガルへ〜!
MOE WATANABE
渡辺萌ブログ
2015.10.08  おひさしぶりです。
TOMOYASU MURABAYASHI
村林知安ブログ
2015.11.20  あっという間に1年。
SATOSHI TANAKA
田中智史ブログ
2016.03.09  SURF CITY

What's New

ジョエル・パーキンソンが悲願のワールドチャンピオンに!!

2012/12/15  15:05

ASP ワールドツアーの最終戦が終了した。

最終戦のパイプ・マスターズの結果で今年のワールドチャンピオンが決定するという最高のシナリオを迎えた。

カレントリーダーのジョエル・パーキンソン、2位につけるケリー・スレーター、そして、3位のミック・ファニングまでがワールドチャンピオンのチャンスが残された。
20121215-125252.jpg

ウェイティング初日からパイプラインにうねりが入りエクセレントなコンディションでROUND-1,ROUND-2が終了した。
20121215-125707.jpg

いよいよROUND3からは、トップシードが登場!!
ジョエル・パーキンソンとケリー・スレーターは順当に勝ち上がったがなんとここでミック・ファニングが敗退してしまいワールドタイトル争いから脱落した・・・

さらにジョエル・パーキンソンはROUND4も1位でUPしてQuarterFainalへ駒を進めた。
そして、4日間のウェイティング期間があり今日は、ROUND4H-2から再開された。
ケリー・スレーターは波まわりが悪く3位となりROUND5へ回ったがROUND5ではトータルポイント19.27という驚異的なポイントでQuarterFainalへ駒を進めた。

QuarterFainalも熱い戦いとなったが2人とも勝ち上がりSemiFainalを迎えた。
H-1はジョエル・パーキンソンとダミアン・ホブグッドの戦いとなり、終盤まではダミアンが優位に試合を進めていたが、後半でパーコが大逆転でFainalへ進みケリーにプレッシャーをかけた!!
H-2でケリー・スレーターはジョシュ・カーと戦った。開始早々にジョシュ・カーが9.20をマークしてヒートをリードした。
このヒートはなかなかいいセットが入ってこず時間だけが経過した。ケリーも乗る波乗る波ことごとく出口を潰されてメイクが出来なかった・・・
ケリーは初戦のゴールドコーストでもジュシュに土を付けられており嫌なムードが漂い始めた・・・
そして、カウントダウンが始まり無情にも終了のホーンが鳴った!!

20121215-131535.jpg

この瞬間にジョエル・パーキンソンの悲願のワールドチャンピオンが決定した!!
おめでとーパーコ!!

20121215-132456.jpg

そして、いよいよFainal
もちろんジョエル・パーキンソンとケリーを破ったジョシュ・カー!!
ジョシュは初のファイナルで気合も十分、パーコはワールドチャンピオンが決まったけど優勝で決めたい二人の戦いがスタートした。
ジョシュが1本目で7.00をマークすると何とパーコは2本目で9.17を出し優位に試合を進めた。
終盤さらに8.00を出してパイプマスターにリーチをかけた。
ジョシュも7.17を出し追いかけるがあと一歩及ばずタイムアップ・・・
勝利の女神はパーコに微笑んだ!!

20121215-134034.jpg

パイプマスターはジョエル・パーキンソンに決定した!!

20121215-133339.jpg

表彰式では最高のスマイルを見せていた

20121215-133436.jpg

感動と興奮をありがとうございました。
最後にもう一度
おめでとーパーコ!!

大会公式HP⇨http://vanstriplecrownofsurfing.com/billabongpipemasters2012


カテゴリ: コンテスト

« »

バナー広告掲載について

皆様のお店、会社を紹介してみませんか?
iinami.comで費用対効果のある広告の掲載をお考えの方は以下のリンクからご覧ください。

詳しい内容はこちら