ブログインフォ

STAFF INFO
2017.07.02  『See U』 オープン!!
HIROTOSHI UMENO
梅野紘聖ブログ
2017.07.03  ここまで来れたのも..
YASUYUKI SUGIHARA
杉原康幸ブログ
2015.01.21  Hawaiiへ行ってました!!
KAN WATANABE
渡辺寛ブログ
2015.12.31  ありがとうございました!
SHOHEI AKIMOTO
秋本祥平ブログ
2016.04.27  おはようございます
RIARU ITO-FAMILY
伊東李安琉ブログ
2016.09.14  いざ!ポルトガルへ〜!
MOE WATANABE
渡辺萌ブログ
2015.10.08  おひさしぶりです。
TOMOYASU MURABAYASHI
村林知安ブログ
2015.11.20  あっという間に1年。
SATOSHI TANAKA
田中智史ブログ
2017.01.20  2017年!

What's New

三股信夫さんと宮崎サーフィンの歴史  プロローグ その32014/03/28  09:44

宮崎のサーフィンの歴史を語るうえでどうしても外せないのは日向市美々津在住の三股信夫さんです。宮崎の若いサーファーも「三股先生」と言えば名前は知っていると思いますが、三股さんが宮崎県のサーフィンの歴史、競技としてのサーフィンにどれだけ貢献があったかを数回に分けてお話します。

mimata
今ではプレミア物の「ILLUSTRATED ENCYCLOPEDIA OF SURFING」にアマチュアとしては異例の取り上げ方をされ、本文では「70年代に西日本から出た最高のアマチュア・サーファー」と紹介されている。

三股信夫さん(通称ノブさん)は昭和1956年(昭和31年)5人兄弟の末っ子として宮崎県日向市美々津で生まれました。三股家は地元でも有名なお医者さんで、上のお兄さんも皆さんドクターでいらっしゃいます。

1970年信夫さんが中学3年生の夏休み、お兄さんの影響で初めてサーフボードを購入してサーフィンを始めました。当時サーフボードは大変高価で日向市内を家族で探し回って要約展示品を無理にお願いして購入したそうです。その少年に大きな影響を与えたのが鈴木三平さん(第2回シニア優勝、第5回シニアA優勝、第8、9回シニアB優勝)という湘南から当時金ケ浜に移り住みサーフボードを削っていた凄い人だったわけです。鈴木三平さんについては今後詳しくご紹介させていただくとして、鈴木さんのスタイリッシュなライディングに感化されたノブ少年は、その後めきめきと腕を上げ高校2年生の夏に初めて全日本サーフィン選手権に出場、その後3度目の夏、第10回大会で宮崎県民(いや西日本)として初めてジュニア部門のチャンピオンに輝きました。歴代の全日本の入賞者は、ほとんど神奈川(湘南)、千葉のサーファーばかりでいきなり九州のサーファーが優勝し話題騒然となったそうです。当時の雑誌ポパイの記事にあの石井秀明さん(当時サーフィンワールド編集長)が、「宮崎の三股信夫が1975年にジュニアに優勝し、つづく76年にメンでも優勝したとき、既に“サーフィン湘南”の時代にひとつのピリオドが打たれていたのかもしれない。それはとりもなおさず、サーフィンの地方への普及を意味している。」と言わしめた画期的な出来事だったわけです。

mimata2

左から2番目が信夫さん、右から2番目はお兄さんの政夫さん(シニアA 3位)
1976年メン優勝の日(9月5日 千葉県部原)その時歴史は変わった。

三股さんに伺った当時の宮崎についての話は次回のお楽しみ

カテゴリ: ヒストリー

全日本サーフィン選手権と宮崎の歴史 プロローグ その22014/03/20  15:02

想像以上に沢山の反響を頂いたので、早々に「その2」をお送りします。

今回の取材半ばにして感じていることは、1960年代~70年代のレジェンドサーファー(現在60才以上)たちはピュアなサーファーが多かったのだと思います。女性にモテるためとか目立ちたいからとかでサーフィンを始めたのではなく、サーフィンそのものに色んな魅力を感じて、新しいモノへ挑戦するチャレンジ精神を持ってサーフィンデビューしているのだと思います。

皆さん想像してください。50年前はインターネットもない時代で、ましてやyoutubeもfacebookもない時代にどうやってサーフィンに関する情報を九州の片田舎の若者たちが得られたと思いますか?サーフィンの道具の情報だったり、波情報は皆無だった時代にサーフィンをやることは、よほどエネルギッシュで、好奇心旺盛な目覚めた若者しかいないと思います。本当に。ちなみに日本で最初のサーフィン雑誌の創刊は1967年サーフィンワールド誌が最初ですから。

今日のプロローグ その2は、全日本サーフィン選手権大会についてです。
1966年7月10日に千葉県鴨川市のサーフィンビーチで開催されたのが第1回大会なのだそうです。当時の資料を見てみると都道府県単位の参加ではなく、今で言うクラブチーム単位の参加だったようです。初代ジュニア優勝があの「川井幹雄」さんだったそうです。シニアは「佐賀光三」さん、一般の部は「勝野訓年」さん。個人種目3部門に団体部門というシンプルな競技会だったようです。(何せ全日本が1日で終了しています)

さて、宮崎県と全日本についてですが、私が調べた限り県単位で代表を送り込むようになったのは、1971年第6回大会(愛知県赤羽根海岸開催)ぐらいだったのではないでしょうか。それまでの優勝者の所属を見るとすべてチーム名で表記されていました。実際には73年大会ぐらいから所謂支部所属名になっているようです。

写真 (22)

写真 (23)

上記の写真は、宮崎で最初にサーフィンを始めた一人であることに間違いない門川町の那須渉さんの事務所に今でも大切に飾ってある1972年、73年当時の宮崎地区予選の賞状です。その当時からサーフィンをスポーツ(競技)として取り組んでいた方々がいらっしゃったと思うと尊敬してしまいます。彼はその当時数回全日本に出場されたそうです。

今年の8月に宮崎で開催される全日本サーフィン選手権は49回目の大会となります。宮崎県のサーフィンの歴史もほぼ同じ歴史をたどっているような気がします。宮崎にサーフィンが伝来して50年という仮説を勝手に作って取材に励んでいる次第です。つづく・・・

※新しい情報を心よりお待ちしております。あなたの近くにレジェンドはいませんか?

カテゴリ: ヒストリー

宮崎県のサーフィンの歴史をたどるプロジェクトについて(プロローグ その1)2014/03/18  17:19

以前より温めていた宮崎県のサーフィンの歴史調査事業ですが、3年前に宮崎市内のレジェンドから伺った情報をもとに数名の方に話を伺いながらゆっくりと進行しています。いつごろから宮崎にサーフィンという新しいスポーツが紹介されたのか、どんなレジェンドたちが絡んでいたのかをご紹介していこうと思っています。

今年の8月に全日本サーフィン選手権大会が宮崎市木崎浜で開催されるのに合わせ、何とか番組として皆様に見ていただけるように準備したいと思っていますので楽しみにお待ちください。(事情により挫折する可能性もありますが・・・)

1972

1972年に日向金が浜で開催された日本カーフェリー協賛の大会、湘南の有名サーファーが多く参加したらしく、その後1982年発行のサーフマガジンで「のし紙がついたサーフボードが賞品だった」ということで話題なった記事です。
当時サーファーは地元宮崎ではまだまだ少数だったようで、夏だけの遊びだったようです。(ウェットスーツがない時代ですので)

実は、この写真に写っている方が、宮崎県のサーフィンに大きな影響を与える事になるキーマンだった事がその後の取材で分かってきました。

次回はその辺りの話をします。ではお楽しみに…。

※当時の情報について大募集します。(1965年~1973年)当時の写真、8ミリフィルム等の持ち主をご存知あれば是非情報をお寄せください。宜しくお願いします。

カテゴリ: ヒストリー

NSA サーフィン検定のご案内2014/03/06  16:32

NSA宮崎支部主催のサーフィン検定が開催されます。

サーフィン検定とは?
サーフィン検定(旧クラス認定テスト)は、受験者のサーフィンを規定の科目技量に沿って客観的に評価することで、受験者に現在のレベルを把握してもらうことを目的としています。また受験者には審査を通して出た課題点をジャッジからアドバイスすることで、さらなる上達を目指してもらう機会となっています。(NSAより抜粋)

開催日:2014年3月9日(日)
会 場:宮崎県宮崎市 木崎浜
選手集合:午前6時00分 北トイレ前周辺
主 催:日本サーフィン連盟 宮崎支部
実施級:ショート、ロング、ボディボード/各1級~5級
お知らせ:予備日は3月16日(日)となります。

【サーフィン検定受験資格・規定科目技量】
★正会員は特典でサーフィン検定5級が免除されます

スクリーンショット 2014-03-06 16.30.27

この機会の是非受講してみて下さい。

詳しくはこちら→http://www.nsa-surf.org/nintei/#nsa

カテゴリ: お知らせ

バナー広告掲載について

皆様のお店、会社を紹介してみませんか?
iinami.comで費用対効果のある広告の掲載をお考えの方は以下のリンクからご覧ください。

詳しい内容はこちら